スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RYOLのLEGO倉庫へようこそ

Twitterアカウント

陸上兵器

海上兵器
スポンサーサイト

ルービン装甲兵員輸送車

ルービン1


<主要諸元>
車体長  15ポッチ
全幅   8ポッチ
全高   6ブロック
重量   11.5t
最大速度 65km/h
航続距離 490km
エンジン V型6気筒ディーゼルエンジン
武装   7.62mm機関銃
乗員   6名(車長、操縦手、兵員4名)
<概要>
 ルービン装甲兵員輸送車はOHARA MILITARY INDUSTRYS(OMI)によって開発された、履帯を装備した装甲兵員輸送車(APC)である。

 車体はシンプルな箱型でアルミニウム装甲のため、非常に軽量である。車体正面はエンジンハッチになっており開閉することができる。操縦手ハッチ横には無線通信アンテナがあり、車長用ハッチ横には排気管がついている。車体上後部には兵員用のハッチがあり左右に開くことができる。車体後部には兵員用の昇降ランプがついている。

 武装は7.62mm機関銃1丁のみを標準装備としているが、状況によって他の装備も搭載可能である。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

ルービン2 ルービン3 ルービン4 ルービン5

ルービン6 ルービン7 ルービン8 ルービン9

ルービン10 ルービン11 ルービン12 ルービン13

ルービン14 ルービン15 ルービン16

ヴァルヌス Mk3

ヴァルヌス Mk3

<主要諸元>
車体長  24ポッチ
全幅   14ポッチ
全高   7ブロック
重量   49t
最大速度 70km/h
航続距離 390km
エンジン V型12気筒ディーゼルエンジン
武装   主砲:55口径120mm滑腔砲
     副武装:7.62mm機関銃×2(同軸、対空)
乗員   3名(車長、操縦手、砲手)
<概要>
 ヴァルヌス Mk3は、ヴァルヌス Mk2の改良型として開発された国産第3.5世代主力戦車である。Mk2からの改良点は、主に砲塔の大幅な改良である。

 砲塔はさらに被弾面積を絞った形状になって小型化している。そして、Mk2では随伴歩兵に被害が出る可能性があるということでAPSやERAが装備されることはなかったが、トップアタック対策のために歩兵にあまり被害が出にくい砲塔上面にのみERAが装備されている。また、車長用サイトや砲手用照準器などの装備をコンパクトな配置にして砲塔上面がすっきりしており、良好な視界が確保できるようになっている。Mk3ではペリスコープが導入されており、車内から安全に外の様子を確認できる。砲手用照準器は新開発されたもので、レーザー測距儀や赤外線暗視装置を備えている。車長用サイトは初代ヴァルヌスから受け継がれている。車長用ハッチと砲手用ハッチは前開きになっていて防盾の役割もあるが、ハッチ扉が前方にあるせいで機銃が撃ちづらいらしい。砲塔側面には発煙弾発射機を備え、砲塔の四方向に設置されたレーザー検知器と連動して防護する。

 主砲は、52口径から55口径120mm滑腔砲に変更して威力を向上させている。主砲の仰角は18度、俯角は7度である。主砲弾は、国産APFSDSとHEAT-MP、SS社製榴弾とキャニスター弾である。APFSDSの侵徹体はタングステン合金を使用している。主砲弾数は、ベルト式の自動装填装置に即応弾12発、操縦席左右の弾薬架に4発の合計16発である。Mk2と比べると主砲弾数が2発減っているが、自動装填装置には主砲弾をMk2の2倍搭載しており、車体の弾薬架も誘爆の可能性を低くするために一応戦闘室からは隔離されている。

 車体はあまり変わっていないように見えるが、細かい箇所が改良されている。まず、新型のサスペンションを装備したことにより転輪が若干大きくなっている。また、転輪を大きくしたことにより射撃時の安定性が向上している。しかし、新型サスペンションには致命的な欠点があり、Mk2よりも不整地走破能力が劣っている。車体後部の排気口には赤外線サプレッサーが装着されており、外部から空気を取り入れて排気と混ぜたあと下方に排出することにより赤外線放射を抑えている。サイドスカートは開閉可能で、整備性が高くなっている。車体後部左側にはAPU、車体後部右側には連絡用の無線ボックスがあり、そのすぐ近くに給油口がある。車体の前後左右にはカメラが埋め込まれており、操縦士は操縦席にあるモニターを見ながら操縦する。

 C4Iシステムは、小隊単位で情報を共有できる車輌間データリンクシステムや軍全体で情報を共有できる部隊間データリンクシステムを導入している。また、位置情報システムを搭載して自分の現在地を確認したり同士討ちの可能性も低くしている。

 エンジンは1500馬力のV型12気筒ディーゼルエンジン、変速機は無段階変速機を採用して高い機動性を有する。また、それらをパワーパック化して整備性を向上させている。パワーパックの交換は最短で30分である。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

ヴァルヌス Mk32 ヴァルヌス Mk33 ヴァルヌス Mk34 ヴァルヌス Mk35

ヴァルヌス Mk36 ヴァルヌス Mk37 ヴァルヌス Mk38 ヴァルヌス Mk39

ヴァルヌス Mk310 ヴァルヌス Mk311 ヴァルヌス Mk312 ヴァルヌス Mk313

ヴァルヌス Mk314 ヴァルヌス Mk315 ヴァルヌス Mk316 ヴァルヌス Mk317

ヴァルヌス Mk318 ヴァルヌス Mk319 ヴァルヌス Mk320 ヴァルヌス Mk321

ヴァルヌス Mk322 ヴァルヌス Mk323 ヴァルヌス Mk324 ヴァルヌス Mk325

ヴァルヌス Mk326 ヴァルヌス Mk327 ヴァルヌス Mk328 ヴァルヌス Mk329

ヴァルヌス Mk330 ヴァルヌス Mk331 ヴァルヌス Mk332 ヴァルヌス Mk333

ヴァルヌス Mk335 ヴァルヌス Mk336 ヴァルヌス Mk337 ヴァルヌス Mk338

ヴァルヌス Mk339 ヴァルヌス Mk340 ヴァルヌス Mk341 ヴァルヌス Mk342

ヴァルヌス Mk343 ヴァルヌス Mk344 ヴァルヌス Mk345 ヴァルヌス Mk346

ヴァルヌス Mk347 ヴァルヌス Mk348 ヴァルヌス Mk349 ヴァルヌス Mk350

ヴァルヌス Mk351 ヴァルヌス Mk352 ヴァルヌス Mk353 ヴァルヌス Mk354

ヴァルヌス Mk355

「マクレーレ」級護衛艦

「マクレーレ」級護衛艦

<主要諸元>
排水量基準:7500t
満載:9800t
全長101ポッチ
全幅12ポッチ
機関COGAG方式ガスタービンエンジン:4基2軸
最大速力30kt
乗員8名
兵装5インチ速射砲:1基
ゲシュテーバー VLS(32+16セル):2基
 ・スタンドオフミサイル2
 ・スタンドオフミサイル3
 ・対潜ミサイル
 ・サンダーストーム巡航ミサイル
ランツェ対艦ミサイル 4連装発射筒:2基
3連装短魚雷発射管:2基
Mk1 20mmCIWS パルチザンBlock1:1基
艦載機シーオクー HM Mk 6B:1機
C4Iソレイユシステム
レーダーMI-6 多機能レーダー:4基
対水上レーダー:1基
航海レーダー:1基
ソナー艦首ソナー:1基
曳航式ソナー:1基
電子戦・対抗手段電波探知妨害装置(ESM/ECM)
対魚雷デコイ発射機:2基
<同型艦>
艦番号艦名所属
DDG103マクレーレ第1護衛隊
DDG104メーアブラッセ第2護衛隊
<解説>
概要
 「マクレーレ」級護衛艦は、LEGO大国海軍のミサイル護衛艦(DDG)である。マクレーレ級は対艦ミサイルなどによる飽和攻撃に対応するため、LEGO連合王国海軍のソレイユシステムを導入した。LEGO大国海軍にとって初となる本格的な艦隊防空能力と、ミサイル防衛能力を有する。
 同型艦は2隻建造され、2個護衛隊に1隻ずつ配備されている。
船体
 マクレーレ級はLEGO連合王国海軍の15型駆逐艦をベースに開発された。船体はステルス性を考慮しており、マストもステルス性の高い塔型マストになっている。艦橋は司令部機能を強化したため、大型化した。後部にはヘリコプター格納庫があり、哨戒ヘリコプターを1機搭載可能だ。
装備
 艦橋の四方に固定装備されているレーダーは、MI-6フェイズドアレイレーダーである。このレーダーは遠距離捜索性能に優れたSバンドのパッシブ式フェイズドアレイレーダーである。MI-6の最大探知距離は250海里以上、最大追跡目標数は200以上となっている。MI-6は、レーダー波を収束させることで、最大探知距離を500海里以上に延伸することが可能である。
 垂直発射装置は、ゲシュテーバー VLSを搭載している。このVLSに搭載されている艦隊防空ミサイルは、スタンドオフミサイル2である。このミサイルの中間誘導はMI-6によって行われ、終末誘導はイルミネーターによって行われる。スタンドオフミサイル3は、弾道ミサイル迎撃に使用される。
 主砲は5インチ速射砲である。近接防空火器は、Mk1 20mmCIWS パルチザンBlock1を搭載している。このCIWSは、赤外線センサーによる光学照準で対水上射撃も可能である。対潜火力としては、対潜ミサイルと3連装短魚雷発射管を搭載している。対水上火力は、ランツェ対艦ミサイルの4連装発射筒を搭載している。対地支援火力として、サンダーストーム巡航ミサイルを搭載している。電子戦装置は、電波探知妨害装置を装備している。この装置はESMとECMの両方の能力を持っている。艦載機は、シーオクー HM Mk 6Bを1機搭載している。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

「マクレーレ」級護衛艦2 「マクレーレ」級護衛艦3 「マクレーレ」級護衛艦4 「マクレーレ」級護衛艦5

「マクレーレ」級護衛艦6 「マクレーレ」級護衛艦7 「マクレーレ」級護衛艦8 「マクレーレ」級護衛艦9

「マクレーレ」級護衛艦10 「マクレーレ」級護衛艦11 「マクレーレ」級護衛艦12 「マクレーレ」級護衛艦13

「マクレーレ」級護衛艦14 「マクレーレ」級護衛艦15 「マクレーレ」級護衛艦16 「マクレーレ」級護衛艦17

「マクレーレ」級護衛艦18 「マクレーレ」級護衛艦19 「マクレーレ」級護衛艦20 「マクレーレ」級護衛艦21

「マクレーレ」級護衛艦22 「マクレーレ」級護衛艦23 「マクレーレ」級護衛艦24 「マクレーレ」級護衛艦25

「マクレーレ」級護衛艦26 「マクレーレ」級護衛艦27 「マクレーレ」級護衛艦28 「マクレーレ」級護衛艦29

「マクレーレ」級護衛艦30 「マクレーレ」級護衛艦31 「マクレーレ」級護衛艦32 「マクレーレ」級護衛艦33

「マクレーレ」級護衛艦34 「マクレーレ」級護衛艦35 「マクレーレ」級護衛艦36 「マクレーレ」級護衛艦37

「マクレーレ」級護衛艦38 「マクレーレ」級護衛艦39 「マクレーレ」級護衛艦40 「マクレーレ」級護衛艦41

「マクレーレ」級護衛艦42 「マクレーレ」級護衛艦43 「マクレーレ」級護衛艦44 「マクレーレ」級護衛艦45

「マクレーレ」級護衛艦46 「マクレーレ」級護衛艦47 「マクレーレ」級護衛艦48

陸上兵器

装輪装甲車
Sd.Kfz.200 軽装甲車
Sd.Kfz.200 軽装甲車
自走砲
Sd.Kfz.201 ロガー自走迫撃砲
Sd.Kfz.201 ロガー自走迫撃砲
装輪車両
Kfz.31 アーマイゼワーゲンKfz.51 シュティーアワーゲン
Kfz.31 アーマイゼワーゲンKfz.51 シュティーアワーゲン
兵站
Sd.Ah.1 1tトレーラSd.Ah.2 1t水タンクトレーラSd.Ah.3 野外炊具Ⅰ型
Sd.Ah.1 1tトレーラSd.Ah.2 1t水タンクトレーラSd.Ah.3 野外炊具Ⅰ型
Kfz.51/1 野外支援車Sd.Ah.4 野外洗濯セット
Kfz.51/1 野外支援車Sd.Ah.4 野外洗濯セット
火砲
GrW.14 107mm重迫撃砲1 
GrW.14 107mm迫撃砲
小火器

海上兵器

護衛艦
ゼーバルシュ級護衛艦カーベルヤオ級護衛艦「マクレーレ」級護衛艦 
「ゼーバルシュ」級護衛艦「カーベルヤオ」級護衛艦「マクレーレ」級護衛艦
潜水艦
哨戒機

GrW.14 107mm迫撃砲

GrW.14 107mm迫撃砲1

<主要諸元>
口径107mm
重量150kg
最大射程4000m
発射速度持続5発/分
最大20発/分
要員5名
<概要>
 GrW.14 107mm迫撃砲は、LEGO大国陸軍兵器局によって開発された重迫撃砲である。この重迫撃砲は分解してトレーラに乗せることができる。しかし、トレーラから砲を下ろして組み立てる必要があるため、機動性には欠ける。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

GrW.14 107mm迫撃砲2 GrW.14 107mm迫撃砲3 GrW.14 107mm迫撃砲4

Sd.Ah.4 野外洗濯セット

Sd.Ah.4 野外洗濯セット1

<主要諸元>
全長    15ポッチ
全幅    6ポッチ
全高    7ブロック
<概要>
 Sd.Ah.4 野外洗濯セットは、LEGO大国陸軍兵器局によって開発された被服などの洗濯・乾燥を実施するトレーラである。構成は、全自動洗濯機、乾燥機、発電機などである。トレーラ上の前部に発電機、中央部に乾燥機、後部に民生品の全自動洗濯機2台を搭載している。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

Sd.Ah.4 野外洗濯セット2 Sd.Ah.4 野外洗濯セット3 Sd.Ah.4 野外洗濯セット4 Sd.Ah.4 野外洗濯セット5

Sd.Ah.4 野外洗濯セット6 Sd.Ah.4 野外洗濯セット7

Kfz.51 シュティーアワーゲン

Kfz.51 シュティーアワーゲン1

<主要諸元>
全長    31ポッチ
全幅    10ポッチ
全高    9ブロック
重量    5.7t
最大速度  55km/h
航続距離  310km
エンジン  6気筒ディーゼルエンジン
乗員    2名
<概要>
 Kfz.51 シュティーアワーゲンは、LEGO大国陸軍兵器局によって開発された6輪の大型トラックである。このトラックの荷台は着脱可能となっており、さまざまな装備を搭載することが可能だ。派生型はKfz.51/1 野外支援車がある。
 燃費が悪く、低速で航続距離が短いなどを除けば、大量の物資を輸送できる優秀なトラックだ。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

Kfz.51 シュティーアワーゲン2 Kfz.51 シュティーアワーゲン3 Kfz.51 シュティーアワーゲン4 Kfz.51 シュティーアワーゲン5

Kfz.51 シュティーアワーゲン6 Kfz.51 シュティーアワーゲン7 Kfz.51 シュティーアワーゲン8

Kfz.51/1 野外支援車

Kfz.51/1 野外支援車1

<主要諸元>
基本諸元は「Kfz.51 シュティーアワーゲン」と同等。
構成    小用便器3個
       大用便器3個
       汚物処理装置
<概要>
 Kfz.51/1 野外支援車は、LEGO大国陸軍兵器局によって開発された便所トラックである。このトラックは、「Kfz.51 シュティーアワーゲン」の荷台を改造したものである。トラック正面から見て右側に小用便器、左に大用便器が設置されている。排泄物は汚物処理装置の電磁波によって加熱処理し、その灰を廃棄することになっている。
 主に演習場や駐屯地イベント、災害時などで仮設トイレとして使用される。隊員からも非常に重宝されており、陸軍兵器局が開発した兵器の中でも傑作といえる。一つ欠点を言えば、においである。トイレであるため多少臭いのは仕方ないが、たまに詰まってひどい悪臭を放つ。そこで付いたあだ名が、「う◯こトラック」である。

写真一覧
サムネイルをクリックすると拡大された画像が表示されます。(新規ウィンドウで開きます)

Kfz.51/1 野外支援車2 Kfz.51/1 野外支援車3 Kfz.51/1 野外支援車4 Kfz.51/1 野外支援車5

Kfz.51/1 野外支援車6 Kfz.51/1 野外支援車7 Kfz.51/1 野外支援車8 Kfz.51/1 野外支援車9

Kfz.51/1 野外支援車10 Kfz.51/1 野外支援車11 Kfz.51/1 野外支援車12 Kfz.51/1 野外支援車13

Kfz.51/1 野外支援車14
入場者数
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。